感染予防と手荒れ

スポンサーリンク
コロナ禍と介護

コロナ禍の手の消毒

買物に出かけるとお店に入戸ってまずは手の消毒。お店に入る都度なので、あれやこれや買いに行けば1日に何度もしています。最近は手をかざすだけシュッと消毒液が出てくるものもあり、量の加減ができないので手がびしょびしょになってしまうこともあります。
今の感染状況を見れば、マスク、うがい、手洗いは必要不可欠な感じなので、外出先の手の消毒も同じことです。

10月頃まではあまり気にしなかかったのですが、先月あたりから手がガサガサしているのが気になっています。
あの消毒液はアルコール成分成分なので、たくさんついてもすぐに蒸発してしまいます。今の季節は空気が乾燥してきているので、アルコールの影響もあってか、手荒れが目立ってきています。
手荒れなのに消毒液ってすごく染みるんですよね・・・買物に行くたびに結構なストレスになってしまいます。

ならば手袋をしたいと思っても、手袋でいろんな物に触れると、その手袋自体も消毒をってことになるので、とても効率が悪いんです。使い捨てのビニール手袋でその度に付け替える???でもその手袋はどこに捨てるんだろうとかも考えると簡単ではないんだと思います。
うーん除菌ペーパーだったらどうでしょうか?結構使う枚数はおおくなりますが、手荒れは防げそうな感じがします。

これから増々寒くなってくるし、もっと空気も乾燥してきます。感染予防もしっかりしながらハンドケアを真面目に考えようと思います。

 

介護や医療従事者の人たちはもっと大変

たかだか買物に行って手の消毒しただけでもガサガサになってしまうのに、介護や医療従事者の人たちはもっと大変なのは間違いのないことです。特に女性にとっての手は自分自身の視線に入りやすいし、荒れている手を見るのは気分が落ち込むことだと思います。手の潤いやぬくもり感って独特な感触だと感じています。

1日に何度手を洗って消毒をしているのでしょうか・・・それだけでも介護や医療は大変な現場です。
gogo家の両親の施設のスタッフの皆さんも、事あるごとに必ず手を洗って、消毒していました。寒い所では手荒れも一段と進みますし、あかぎれになってくるとその痛さったらないですよね。
何でもない冬だけでも大変なのに、新型コロナウイルスの感染予防も加わってのこの冬・・・本当に頭が下がります。
手荒れ以外にも、マスクでの肌荒れも増えているようです。
今までにない冬を経験することになるので、日々のストレスになることを少しでも軽減できるような支援があればいいと思うのですが・・・

とにかく介護や医療従事者の方たちの負担にならないように、しっかり感染予防することが大事なことです。
聞き飽きたことですが、マスク、うがい、手洗い、消毒をいろいろ工夫しながらしっかりしていきたいです。

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました