コロナ禍慣れと東京五輪

スポンサーリンク
介護etc.

毎日著名人が感染している

最近著名人が新型コロナウイルスに感染したニュースをよく見る。
今日も俳優の中尾明慶さんが陽性という記事を見つけた。濃厚接触者で奥様の仲里依紗さんとお子さんはPCR検査の結果は幸い陰性だったそうだ。
ここ数日で中村蒼さん、松田悟志さん、竜星涼さん、浅香航大さんの感染報道。続けざまにイケメン俳優に陽性者が出ている・・・

昨日は料理家の神田川俊郎さんが新型コロナウイル感染で亡くなったというニュースがあった。
16日に自宅で倒れて病院に緊急搬送されたそうだ。新型コロナウイルス感染と診断され、人工心肺装置ECMO(エクモ)での治療を受けていたんだとか・・・24日にはエクモが外され、一安心した矢先に急変したそうだ。
テレビでもよくお見かけした神田川さん。心からお悔やみ申し上げます。

それにしても立て続けに著名人の感染者がでてくるってことは、以前よりも感染力強くなっていることなんだと思ってしまう。
変異ウイルス、二重変異ウイルスの市中感染が始まっているってこと・・・?

 

感染者報道にも驚かず・・・

昨年は志村けんさん、岡江久美子さんの新型コロナウイル感染のニュースで本当に驚いた。更にお亡くなりになったこともショックだったし、世間もこのウイルスの恐ろしさを痛感したような様子だったけど・・・

コロナ禍になって1年以上経ち、東京などは3度目の緊急事態宣言下にある。変異株の影響もあり以前の緊急事態宣言よりもより重く受け止める必要があるのは認識している。
しかし、昨日は相変わらず渋谷も人出が多かったし、人流は止まっていない様子だった。都内からは隣県への流れが凄かったようだ。やはり人流は止まらなかったようだ。
コロナ禍の生活に慣れてきて緊急事態宣言下でも日常の延長でしかないし、国のリーダーの言葉にも慣れてしまいライブの会見見てもいつか見た録画の映像のようで・・・

著名な感染者のニュースにも、どこかの都道府県で最多の陽性者の人数にも、同じように慣れてしまって動じなくなっている。
昨年のことを思えばとんでもないことだと思うけど、驚きがなくなってきているのは事実・・・
自粛疲れなのか・・・何だろな・・・?

 

東京五輪だけは粛々と・・・

結局なんだかんだ言っても東京五輪は粛々とやる前提なんでしょ?って思っている人は多いと思う。
このままいけば緊急事態宣言下でも東京五輪は開催されるってことなのか・・・?

万が一今の緊急事態宣言が上手くいかずに、感染者がどんどん増えていったとしても、選手やスタッフ、関係者などは安心安全に隔離してやるんだろうか。
実際東京に住んでいても当事者じゃないと「あっ今オリンピックってやってるんだっけ」なんて感覚になりそうだし、テレビで放送したとしても現実ではない違う世界のことのようにしか感じないような気がする。

東京五輪はそれだけ世間とズレがあるってことなのかもしれない。
でも医療従事者はそれなりの人員が必要で、東京五輪の為の看護師は500人依頼するそうだ。世間的には今も医療従事者不足と言われている中、オリンピックには優先的にってそれもズレている。
インドでも感染者がすごいことになっている。こんな状況でどこの国からも参加できる平和の祭典と言えるとは言い難いと思う。

こんな状況で東京五輪が開催されるなら、別に好きに動いていいじゃんって思われても仕方ない気がする・・・人流はなかなか止まらないし止められないってことかも。

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

タイトルとURLをコピーしました